前へ
次へ

増えているリノベーションの賃貸マンション

今急速に需要が伸びているのが、リノベーション済の賃貸マンションです。築30年となると、1990年代に建てられたマンションがそれに該当しますが、30年近く経過すると設備の古さが目立つようになってきます。古さが目立つようになると入居率が低下することから、その対策としてリノベーションを施すようになります。特に、女性の一人暮らし場合はあまり古い賃貸マンションを好まない傾向が強いため、リノベーションは入居者の獲得にメリットがあります。多少家賃を上乗せしても、それに見合うだけの快適な住居空間を提供することができるため、大家や不動産会社にとってもメリットはあるのです。設備面で力を入れているのは、やはり水回りです。経年劣化が目立ちやすい水回りだからこそ、新しい設備を導入して快適な暮らしを約束します。お風呂場は自動湯はり装置を導入することで、生活がかなり快適になると評判です。リノベーション済みの賃貸マンションは狙い目です。

Page Top