前へ
次へ

賃貸マンションの内見をVRで行う

VRといえばスマホゲームなどを想像する人がいるでしょう。ゲームでありながら目の前で実際に起きている感覚で楽しむことができます。VR技術に関してはゲーム以外にもいろいろなケースに使われていて、注文住宅を建てる前にどんな住み心地になるかなどがわかる仕組みなどもあるようです。となると賃貸マンションにおいてもVRを使ったサービスがあるのではないかと考えるでしょうが、一部の業者では内見時に利用することができます。通常賃貸マンションを利用するときは平面の間取り図の他写真などを見て絞り込み現場に行きます。一方VRによる内見ができるところでは現場に行かなくても物件の設備の様子などを現場に近い状況で知ることができます。さすがに設備を実際に使ったり、メジャーなどで測定するなどはできませんが、わざわざ行かなくても様子が見られるのは選ぶときの参考になりやすいでしょう。しかしすべての物件に対応しているわけではなく、まだまだ実際に行く内見が主流といえるでしょう。

Page Top