前へ
次へ

賃貸マンション投資を行う際の2つの確認点

賃貸マンション投資を行う場合には、地震に強い物件を選び購入する必要があります。地震の影響で、壁が崩落したりエントランスにヒビが入ったりすると修繕費用が高額になってしまうからです。地震に強い物件なのかは、建築年度を確認するといいですよ。1981年以降に作られた物件は、新耐震基準が採用されているので、それまでの物件より地震に強くなっています。東日本大震災でも、新耐震基準なのかそうでないかにより、被害状況は大きく異なりました。また、複数のマンションを保有しようとする場合、一回の地震の影響で、全ての保有物件に損害が出てしまうことがあることに注意が必要です。賃貸マンション投資を行う際、一回の地震で甚大な被害が出てしまうことを防ぐためには、エリアを分けた物件を購入した方がいいです。地震対策のために、地方にある物件を購入するという選択肢も有ります。しかし、その際には、入居者が集まるのかという問題を忘れずに考えておきましょう。

Page Top